ブログ

2019-12-17 15:00:00

ウクレレ de ジブリの会 No.2

ウクレレアンサンブルって、ウクレレという楽器の可能性が広がる演奏だと本当に思うんです。

 

アンサンブルの楽しさを知ってしまうと、気持ち良い!って実感するんですよね。音が重なる心地よさとリズムがぴったりとハマる気持ちよさは、演奏しないとわからないパワーがあります。やっぱりみんなで演奏するのっていいね!って事なんです!

 

街の風景が伝わる名曲をウクレレアンサンブルで

ウクレレ de ジブリの会 No.2は、『魔女の宅急便』

魔女になるための修行にでた女の子のお話。夢ときめく都会の街で、孤独と挫折を経験しながらも成長していくキキの姿に誰もが心揺さぶられたことでしょう。

 

”おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。”

 

キキが修行に選んだ都会の人々とのふれあいを背景に感じながら聴くと、この曲の世界観はますます広がるのではないでしょうか。

 

 

海の見える街