ブログ

2022-01-15 10:00:00

癒しの効果の高い趣味とは

趣味を持つということ

新年には「今年の抱負」を掲げる方も多いかと思いますが、「今年は○○を始める』という抱負を持つ方もいるのではないでしょうか。○○に入るのは人それぞれですが、それが趣味となるものなら今年1年だけじゃなくて、これからもずっと付き合っていける新たな発見につながるかもしれません。

趣味を持つなら、どんな趣味がいいのでしょうか?

 

脳トレと成果物

精神科医の樺沢紫苑先生が最も癒しの効果が高い趣味についてお話しされています。

 

・手先を使う

・スキルアップする

 

この2つが「脳のトレーニング」になるそうです。手先を使うのは「脳トレ」になるのはご存知の方も多いと思いますが、もう一つがスキルアップする趣味はすごく良いそうです。将棋や楽器の演奏のように、一つ一つは難しいがクリアして、次のステップに上がっていく。このステップアップする工程が「脳トレ」なるんです。

このような趣味は、自己成長につながる「能動的娯楽」と言うそうです。自己成長を伴う趣味が脳にとても良いという事です。

また、夢中になれる時間「没入体験」が最高の幸せだとしています。成果物のある趣味は没入しやすく、幸せを感じる趣味だと言えるのだそうです。

楽器の演奏は、手先を使い、夢中で練習していると1曲演奏できるようになる(成果物)があり、長く続ける趣味として最高です。

脳トレしながら幸せになれる趣味って素晴らしいですよね。趣味を持つ人生を考えてみませんか?

 

樺沢先生の動画で詳しく説明してくれていますよ。ぜひ、ご覧になってみてください。