ブログ

2021-05-03 11:00:00

違いがわかる!押さえ方で変わるコードの響き

前回までのおさらい

動画 >>> 癒しのウクレレシリーズ 小川編

前回は6度の響きについて説明しましたね。

 >>> 弾いていてひたすら気持ちい良い癒しの音とは

今回は3弦の音について解説していきます。

 

ベース音としての3弦 ドの音

動画のコード進行 図3は、簡単に言えば C - D - F - Cの繰り返しです。でも普段皆さんが使われる押さえとは少し違います。こちらがよくご存知のコードですね。図4

シンプルなコード進行も押さえ方が変わると劇的に響きが変わります。

 

では、前回説明した押さえ 図3を弾きながら、3弦の音を聴いてみてください。ずっとドの音が鳴っていますね。

このドの音が3つのコードで1番低い音として鳴っています。つまりベース音ということになります。

ベース音とは、バンドなどで考えるとベーシストが出してる低い音です。なんと、オンコードなるものを知らない間に弾いてしまっていたんです。ex.5

C - D/C - F/C - C というコード進行です。(D/Cはディーオンシーと読みます)

コード進行が変わっても、3弦のドの音はずっと鳴っているわけです。

3弦のドの音もこのコード進行に、大きな影響を与えているわけですね。

奥が深いです。

 

次回は4弦の音について説明をさせて頂きますね。

 >>> High Gならでは!ウクレレらしい音作り